カテゴリー別アーカイブ: アロマな生活

2014年03月02日(日)

スパイクナードについて☆

フランキンセンス、ミルラと立春にお勧めの精油のご案内をして来ましたが、もうお雛様の季節がきてしまいました(^^;)

ご紹介が遅くてごめんなさい<(_ _)>

 

お待たせしておりましたが、今日は最後の精油、スパイクナードを取り上げたいと思います♪

フランキンセンスミルラと比べてあまり知られていいない精油ですが、聖書に「マグダラのマリアが最後の晩餐の夜、キリストの両足に非常に高価なスパイクナードの油を塗った」物語がのっています。

 

実は今までスパイクナードをトリートメントに使ったことがありませんでした。高価なことと香りが非常に個性的でブレンドが難しいと思っていたからです。

でも、年を重ねたからかセラピスト歴が長くなったからか今は「トリートメントの強力がパートナー」として使っています。

 

パチュリーに似た土のような、ゼラニウムのお花のような、たまり醤油のような??なんとも地に繋がっている感覚を呼び起こす個性的な香りの精油です。

 

身体に与える作用は、月経周期のバランスを整えてくれます。重い生理痛の改善も期待できます。そして、抗真菌作用があるのでカンジダ症や水虫対策に使えます。腎臓や肝臓のサポートをして蓄積した毒素を散らしてくれるので、「春のデトックス」にもいいですね!

 

お肌への影響は、皮膚のアレルギー反応や発疹に有効です。また、壮年肌のマッサージに使うことでお肌のよみがえりが期待できます。

 

利尿作用と解毒作用があることからセリュライト対策にも有効です(^O^)

スパイクナードでお顔から足先まで全身マッサージすれば「全身の若返り」が期待できるということですね〰☆素敵!

 

メンタル的には、緊張や不安を和らげ、ストレスを軽減してくれます。

体内に押し込めていた古い苦痛や閉鎖していた感情を外に出すお手伝いをしてくれます。

身体と心の両方のデトックスを助けてくれる精油と言えますね。

 

また、キリストの最後の晩餐の夜に使われたことから、「死を迎えようとしている」方やその周りの方を強力にサポートしてくれる精油と言えるでしょう。

 

不安感を和らげ、自分の中に蓄積して来た感情を解放するお手伝いをしてくれるスパイクナード。

 

この春、いつも間にか溜まっていた心と体の要らなくなったものをスパイクナードで外に出し、すっきり爽やかに新生活をスタートさせませんか?

 

皆様のご来店をお待ちしています(*^^*)

 

ハナ☆

 

image (26)

2014年02月16日(日)

ミルラについて

香川は今日久しぶりに青空が広がって気温も上がり気持ちの良い一日でした(^^)

 

さて、今日はミルラについてご案内いたします。

 

没薬(もつやく)とも呼ばれるこの精油は樹脂から水蒸気蒸留によって抽出されます。先日ご紹介したフランキンセンスといくつか共通した特徴があります(^^)

 

フランキンセンス同様、呼吸器系のトラブルに有効で、胸部の感染症、慢性気管支炎、かぜ、咽頭痛などの症状を和らげてくれます。

この場合、マッサージオイルとして使用するのがお勧めです。

 

また、胃腸の調子を整えてくれます。私はおなかを壊したときは、ミルラ、ネロリ、サンダルウッド、ラベンダー、ローマンカモミールなどの精油を入れたオイルで腹部を時計回りに優しくマッサージしています(*^^*)

 

そして、その殺菌効果により、口内炎や歯肉炎、歯槽膿漏など口腔ケアにも有効です。

 

抗真菌効果があるので水虫やカンジダ症にも使えます。また、ひびやあかぎれを改善してくれます。

抗酸化作用や収れん作用によってお肌の老化防止も期待できます。

 

心への影響は、落ち込んでいる時、無気力になっている時、気持ちを明るくして前向きにしてくれます。

 

私はこの精油を「死別の悲しみを癒す精油」として使っています。

東京のサロンには身近な方を亡くしたばかりの方が何故かたくさんご来店されました。

お葬式帰りの方も度々こられたんです。

そんな時はいつもミルラを使ってマッサージさせていただきました。マッサージ前、マッサージ中に涙を流されていたお客様も、ミルラのマッサージ後には気持ちが落ち着かれ、お見送りされたばかりの方の死を受け入れ、お別れする心の準備が出来ておられました。

 

ミルラは周りの方の死だけではなく、自分の死を受け入れるお手伝いもしてくれます。

死を間近に控えたお客様にもミルラを使わせていただいています。

 

また、象徴的ですが、古い自分の死を受け入れるサポートもしてくれるので、「古いパターンを手放し、新たな人生を始める」お客様にも使わせていただきます。

 

フランキンセンス同様、ミルラは私のトリートメントになくてはならない貴重な精油の一つです。

 

*妊娠中の方はミルラは使用しないでください。

 

では、次回はスパイクナードをご案内いたします(^^)

 

image (16)

 

2014年02月12日(水)

今日はフランキンセンスについて☆

精油のご案内がすっかり遅くなってしまいました。申し訳ございません。

北海道育ちののんびりした性格なものですから…(^-^;

 

さて、今日は「フランキンセンス」の精油を取り上げたいと思います。

「オリバナム」、「乳香」と呼ばれることもあるこの精油は、木からとれる樹脂から水蒸気蒸留によって抽出されます。

抗菌作用などにより呼吸器系のトラブルに有効で咳を鎮め呼吸をゆっくりと楽にしてくれます。

 

この場合はマッサージやアロマバスがお勧めです。

 

* アロマバスは、カレースプーン一杯ぐらいの原塩か蜂蜜に精油を4〰5滴落として均等になるまで混ぜたものをお風呂に入れて、よーく混ぜて入浴してください。

 

スキンケアでは、壮年肌に特に効果が期待できます。収れん作用によって壮年肌を活性化してしわやタルミを改善してくれます。

フランキンセンスを使ったマッサージをするとその変化にびっくりされるでしょう!!

 

心への働きかけとしては、感情を鎮め不安感や恐怖感を取り払い平穏な気持ちに導いてくれます。

フランキンセンスは昔から宗教儀式に使用されてきました。悪霊を払うために使われることもあるそうです。

 

呼吸を深めてくれるので瞑想やお祈りするときに焚くのにぴったりです。

 

自分と深くつながりやすくなったり、神や宇宙とつながりやすくなるので、本当の自分と向かい合う準備がまだ出来ていない、または、今必要のないお客様はこの精油の香りをあまり好まれないことが多いように思えます。

 

透明感のある神秘的な香りですーっとボディー&マインド&スピリットに入ってくるフランキンセンスは私のヒーリングにとって大切な存在です(^^)

 

フランキンセンスを使うことで肺や気管がきれいになって、呼吸が深くなります。深い呼吸は不安感などのすでに必要のない感情を取り払い、本当の自分と繋がるサポートをしてくれます。そして、精油を焚いている場のエネルギーを浄化し高めてくれます。

 

非常にパワフルな「浄化力」を持つ価値ある精油、フランキンセンス。

 

東方の賢者がキリスト生誕の時貢物として捧げたことも納得です☆

 

次回はミルラのご案内をいたします(^^)/

 

P1010196_R